素朴な疑問です。

現実の普通のお店なら混んでるか空いてるか
儲かってるかそうでないかすぐわかるのに、

なぜホームページやブログになると
状況がよくわからなくなるのでしょうか。

ホームページは見えてるようで見えていない

ホームページは制作会社に頼んだり
自分で作れば、そこに現れます。

ホームページはもちろん見ることができます。
たとえばこんな感じに。

お店のオーナーさんはホームページに
こんなイメージを持つかもしれません。

(いっぱいお客さんくるかな〜ワクワク)

でも、実際のホームページが
お店のオーナーからどう見えるかというと
こうです。

からっぽ…

ホームページをいち顧客として見ることはできても、
他に人が来てるのか見ることはできません

インターネット上では当然ですが
現実のように他人を見ることができません。

まるで透明人間のように、
お店にどれくらい人が来ているか
そのままではわからないのです。

ホームページやブログは
誰が来ているのか見えるようにするツール
を入れて初めてお客さんの姿が見え始めます。

インターネットでは透明になってしまう人を
見ることができるメガネのようなものですね。

このメガネのことを
アクセス解析ツールといいます。

ホームページでアクセス解析をしないとはどういうことか
でも触れていますが、アクセス解析ツールとして
有名なのはGoogleアナリティクスです。

Googleアナリティクスは
みなさんも普段利用されている検索のグーグル社が
無料で提供しているアクセス解析ツールです。

ホームページ集客分析で圧倒的利用率のGoogleアナリティクス
でも書いた通り、国内のほとんどの企業が導入している
いまやホームページ運営には欠かせないツールです。

ホームページやブログを作る際は
見えない訪問者を見えるようにする
アクセス解析ツールの導入を忘れないでください。

Google アナリティクスの追加、設置できるサービス一覧
に対応サービスも記載しましたので
参考にされてください。

それではまた!

マーケティング分析とウェブ解析 | Google アナリティクス スタンダード – Google