カテゴリー
伝わるようにする

検索の巨人グーグルとホームページの関係

みなさん毎日使われているGoogle

「検索」といったら「ググる」と言われるまで
僕らの日常に深く関わっています。

インターネットの検索を牛耳るGoogleとは
どんな会社で何をしているんでしょうか。

アメリカの大学生2人が立ち上げた

Googleはアメリカのスタンフォード大学の2人の学生が立ち上げました。ラリー・ペイジとサーゲイ・ブリンの2人です。当時は1995年。

「世界の情報を整理する」
「1クリックで世界の情報にアクセス可能にする」

を使命としています。

世界中のホームページを収集

Googleはクローラーというものを作りました。

これは自動で世界中のホームページ(ウェブページ)を渡り歩き、そのページの特性や種類を記録しながらぺージへのリンクをストックしていくシステムです。

そして何らかの目的、例えば「濃厚 ラーメン」(を食べたい!)というキーワードで検索してくる人に、クローラーでストックしたぺージ群から「濃厚」であり「ラーメン」に関係が深いページを見せる、という仕組みでウェブ検索を作り上げました。

これがインターネット検索の覇者 Google の始まりです。

独自のホームページ評価の仕組みをもつ

サービス開始当初は検索結果に表示されるページが、
けっして目的に沿ったページばかりではなかったGoogle.

徐々に検索結果の精度が上がり始めたのですが、
それを支えたのが独自のウェブページ評価の仕組みです。

検索キーワードを含むリンクが外部からあるほど、
そのキーワードに関連するページのはずだ!
という
論理のもとに評価がされていました。

例えば、ラーメン屋Aで食べた人がブログやSNSで
「濃厚でうまいラーメン」というリンクをAのサイトに張れば
Googleは「Aは濃厚・うまい・ラーメンのキーワードと関係がある」
とみなす、というわけです。

今はこんな単純な評価がされているわけではないですが
ざっくりGoogleがどうページを評価するかというと、
キーワードとそのページの関連性が高いかどうか
で判断しているということです。

Googleの検索結果に表示されるには

こういった施策が必要になってきます。

  • Googleにホームページの存在を知らせる
  • ターゲットとするお客様が入力するキーワードを調べる
  • お客様が何を探しているか(困っているか)調べる
  • お客様の問題を解決する情報を提供する
  • そのキーワードをホームページ内に含める
  • 定期的に更新する

このような取り組みをサーチエンジン最適化、
英語で Search Engine Optimization 略して SEO と呼びます。

しつこい電話営業のSEO業者に頼んで
検索で上位表示しても売上が変わらない理由

で書きましたが、悪質なSEO業者にはお気をつけください。

検索結果で上位表示!というと売上が上がると思って
みなさん大金を注がれますが、検索結果で上位なら
イコール売上増ではありません

  1. お客様がどういった人かきちんと定める(ターゲッティング)
  2. そのお客様が欲しがるものが何か見極める(リサーチ)
  3. 自社でそれを提供できるようにする(商品開発)
  4. 競合はどうやって価値を出しているか調べる(リサーチ)
  5. 自社の商品の独自価値を見極める(商品開発)
  6. どうやってお客様が商品を探すか調べる(マーケティング)
  7. 商品の独自価値が伝わるサイト構成を考える(デザイン)
  8. 商品価値が伝わる文章を書く(ライティング)
  9. ライティングを検索キーワード(SEO)
  10. 購入や来店につながる機能を適切に置く(マーケティング)
  11. アクセスが集まり、商品が売れる(目的の達成)

これは一例ですが、このような戦略がありきで
アクセスを集めることを目的にしないよう注意しましょう。

アクセスを集めるのは実は最後です。
その前にたくさんやることがあるのです。

詳細は次回以降また書いていきます。

それではまた!

 

カテゴリー
伝わるようにする

お客様はひと目みて違うと感じたら即離脱!ファーストビューの重要性

違うと思ったらすぐ「戻るボタン」を押しています。

みなさんもグーグルで検索して、ひと目みて
なんか違う…と思ったら即退散ですよね。

そしてまた検索結果一覧を眺めて
次のページに飛んではまた戻り…
よくある行動ではないでしょうか。

この、ページに飛んだ直後に見える部分を
ファーストビューといいます。

お客様は広告や検索キーワード、
SNSの投稿などからあなたのページに来た際
ファーストビューをみて瞬時に判断を下します。

「ちょっとスクロールしてみよう」
もしくは「戻ろう」と。

なので、ファーストビューでお客様に
「もうちょっと見よう」と思われなければ
クリックひとつで即帰ってしまいます。

ファーストビューに何を置くべきか

ファーストビューがどうあれば
お客様が見続けてくれるでしょうか。

1. ページに来た動機と一致している

たとえばグーグルで「パン 香ばしい レシピ」
で検索したお客様がページに来たとします。

あるページは、香ばしさがウリのパン屋の写真。
あるページは、香ばしいパンの作り方。

さて、どちらのページのほうが
続けて見られる可能性が高いでしょうか。

正解は、後者の香ばしいパンの作り方ページです。

検索キーワードに「レシピ」が含まれているので
このお客様は「作ること」を目的にしています。

パン屋で香ばしいパンを買うことが目的ではありません。

グーグルなどの検索エンジン経由であれば
検索キーワードが表す動機と
ファーストビューの内容が一致することが重要です。

2. シンプルに価値を伝える

扱っている商品やサービスの中で
もっともユニーク(独自)な点を
いさぎよく絞り込んで伝えましょう。

ファーストビューには
キャッチコピーがよく配置されます。

キャッチコピーは、ひと言で
商品の独自な価値を伝えるものです。

商品に自信があるオーナーさんほど
あれもこれも伝えたい!となりがちです。

「駅から近くて美味くて雰囲気のいいレストラン!」
みたいになりがちです。

これでは何かを訴えているようで、
これといった具体性がなくなってしまいます。

(うちの店の一番の良さ、独自性は
ここぞという時のための雰囲気の良さにある…)
であるならば、

「大切な日のために選ぶレストラン」

といった思い切りの良い絞り込みと
シンプルさが必要になってきます。

やってはいけないこと

上の2.とつながりますが、ファーストビューに
あれもこれも詰め込むのはNGです。

よく起こりがちなのが、

「ひと目みて判断されるなら、いろんなお客さんの
様々な動機を受け止めるように入り口をたくさん
配置すればいいんじゃないか?」

というパターンです。

機能的な面だけを考えればそうです。
しかしこれは人を機械のようにみるやり方です。

人がものをどのように見てどう判断するか、
認知の面から考えると3つ程度に抑えたほうがよいです。

もっと言えば1つの主張に絞り込んで
その主張をお客様の動機と強く一致させる。

そして、あえて足りない情報を探してもらうほうが
実は伝えるという意味ではわかりやすいのです。

それではまた!

カテゴリー
デザイン 伝わるようにする

人は中身だけじゃなく、全体で感じて評価する

美味しいご飯が好き
かわいい服が好き
高機能なパソコンが好き
かっこいいクルマが好き

これらは中身、コンテンツと呼ばれ
みんなコンテンツを求めて動いているように見えます。

本当にそうでしょうか?

たとえば、飲食店で

美味しいとちょっと噂の飲食店に来てみた、としましょう。

料理(中身)だけの場合

【お店にきた】

料理を食べて… うん!美味しい!
聞いてただけのことはあるなー

次回は… うん、アリだな。
次はあの人も連れてこよう!

【帰る】

いや、さすがにこんな単純じゃないですよね?(笑)
「実際の飲食店」では何が起こっているか見てみましょう。

料理を含む全体(体験)の場合

【お店にきた】

お店の場所は… ちょっと奥まったとこだけど
まぁ一回くればわかるかな。

外観は… うん、おしゃれでかわいい感じ。

中に入ると… 店員のおねえさんが笑顔で
「いらっしゃいませ♪」感じいいね。

雰囲気は… ちょっと狭い店内でけっこう混んでる。
でもうるさくもなく静かすぎもせず。

席について… メニューは写真がないのか〜
まぁどんな料理か聞いてみればいいかな。

オーダーして… 友人とおしゃべり。
会話が弾む。お料理はちょっと時間かかってる。

料理がきて… 少し待ったけど混んでるしな〜
遅すぎるってほどでもないけど。

料理を食べて… うん!美味しい!
聞いてただけのことはあるなー

食後に… デザートとコーヒー。
これもそこそこいい味。

次回は… うん、アリだな。
次はあの人も連れてこよう!

【帰る】

今度はどうでしょうか?
よくある飲食店での一コマではないでしょうか。

中身(コンテンツ)だけでは
料理うまい! → 次もアリ と単純でしたが

全体(体験)ではこうなります。

お店の外観も内装もおしゃれでかわいいし、店員さん愛想良かった。ちょっと混んでたし料理少し遅かったけど、料理もデザートも美味しかったし話も弾んだなぁ〜。気分良かった! 次回もアリかな!

どうですか?
こういう感覚のほうが自然だと思います。

総合体験によって、どういう気持ちになったかです。

90点の単品より、65点のおもてなし

こだわりがあるからと料理のみ激ウマでも
立地や接客、雰囲気が悪いと印象は台無しです。

味はそこそこでも今度あの人連れてこよう!と
楽しい感覚が残るお店の方が繁盛します。

かわいいからと服のみの写真では
イメージが湧きません。

パーティーシーンでひときわ映える
モデル写真のほうが欲しくなります。

高性能パソコンのスペック表を見比べても
差がわからなくなってきます。

人気ゲームがこんなにサクサク動く!
とデモを見るとやりたくなって惹かれます。

スポーツカーの美しいボディラインや
ファミリーカーの広さを訴えてもピンときません。

絶景を駆け抜けるダイナミックな走行シーンや
旅行に連れていった家族の笑顔のほうがグッときます。

僕もデザイナーなのでグラフィックのかっこよさや
色がもたらす意味を考えてデザインしたり

プログラマーでもあるのでコードの綺麗さや
いかに不具合のない開発方法をとるかなど

中身、コンテンツにこだわってきたので
こういった全体感のことは最初抵抗がありました。

でも、そのお店をまた訪れたいと思うかだったり
購入ボタンをエイっと押すかは、

そこにいたるまでに浮き沈みした感情が
最後まで良い気持ちのままゴールしたか

にかかっています。

中身が大事じゃないという意味じゃありません。
中身がなければもちろん始まりません。

伝えたいのは、

お客さまは、中身の前後も受け取っている
という事実です。

ソライトは、体験をデザインしています

このように思われたことありませんか?

  • ホームページを作ったんだけど、ビジネスに貢献してる気がしない…
  • Facebookとかインスタとか、何をどうやれば効果あるの?
  • SEOの勧誘電話がうるさくて迷惑してる…あれなんなの?
  • お店の集客がイマイチなのだけど、何が原因なのかわからない…
  • ロゴとか名刺とかチラシって、どうすれば集客につながるの?

このような疑問、お悩みにお答えできます。

ソライトは、体験をデザインするプロとして仕事をしています。

専門的にいえばUXデザイナーという体験デザインの専門家であり、
他にもウェブマーケティング、ライティング、ホームページ制作、
ウェブシステム開発、ロゴや名刺デザインも得意です。

お客さまへのアプローチや店舗デザインなどのご相談にものれます。

特に個人事業主や小規模事業者のかたのお力になりたく
ちょっとでも聞きたいことがあればお気軽にご連絡くださいませ。
(僕も個人事業主から始めて苦労しましたので……)

いきなりお金を取ったり、契約を迫ったりしませんので笑
初回ご相談は無料です。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

それではまた!

カテゴリー
伝わるようにする

伝わらないを超えていく

人が気持ちや考えを伝えあうには、
なにかしら伝達ツールが必要です。

もっとも使うのが言葉というツール

相手に何かを伝えたい時、
言葉を駆使して伝えようとしますね。

うまくいくときもあるけど、
うまく伝わらないときもある。

(他の人に話したことと同じなのになんで伝わらないんだろう…)
(あの人には伝わったのにナァ…)

なぜでしょう?

それは、

人は言われた言葉を理解するのに
自分の中で決まっている定義で理解するからです。

たとえば「コミュニケーション」という言葉。

どんなものだと思いますか?
ちょっと頭の中で思い浮かべてください。

 

……

 

………

 

…さぁ、何を思い浮かべましたか?

「話すこと」でしょうか?
それとも「触れ合うこと」だったでしょうか?

他にも「気持ちを打ち明けること」「聞く力」
「情報の共有」「仲良くすること」と言う人もいました。

これらは、どれも正解です。

問題なのは1つの言葉を表す意味が
これだけ曖昧でたくさんあるということです。

下手すると、明日もう一回
「コミュニケーション」ってどんなものですか?
って聞いたら、答えが変わるかもしれません(笑)

言葉の意味ってそれくらい、曖昧なものです。
特にカタカナ語がもつ曖昧さはやばいです。

言葉の意味が曖昧でたくさんあると、
人によって解釈がバラバラになります。

私たちは当たり前のように相手と解釈が違うまま
その言葉を使って意思疎通をしています。

毎日、毎日です。
家族、恋人、友人、先生、上司、部下など全ての人と。

解釈が揃っていることはもちろんありますが、
いつ揃っていて、いつ揃っていないかは目に見えません。

「今使ったコミュニケーションって言葉、
こういう意味で使ってるよね?」

なんて確認、なかなかしないですよね?
話すたびにいちいち解釈を疑ったりしていないでしょう。

この問題、根が深いのが
大人になり知識や経験が増えるほど
人それぞれの解釈に差が開いていくことです。

「いちいち言わなきゃわからないのかな…」
「俺の定義のほうが正しいし!」なんて姿勢は
そもそも解釈が違うなら虚しいすれ違いです。

だから、人と人がちゃんと伝えあうには
相手が違う世界を見ていることを知ることから始まります。

自分の解釈が人と違うかもしれないと自覚すること、ともいえます。

解釈がずれるのは仕方のないことです。
あなたが話している相手は、
あなたとテレパシーでつながっている訳ではありません。

相手と自分の違いを知り、どちらが正しいとかじゃなくて
とらえ方の違いを許し、伝え方を変えてもう一度伝えてみる。

その繰り返しが「伝わる」を生み出します。
その姿勢が、言葉を受け取る人への共感なのです。

ホームページで書く言葉も同じです。

伝えたいことは何か?
伝えたい人は誰か?
どうすれば伝わるのか?

伝えたい自分と、受け取る相手に解釈の違いがあることを知るのは
悲観することじゃなくて、むしろスタートラインに立ったということです。

ここから始めましょう。

それではまた!