ポジション
  • ライフデザイナー
  • 自分の人生を生きたい人のための戦略家
  •  人生のリベンジ
  • 我がままライフデザイナー

自慢ではなく、追求に値する価値をアピールする

バックストーリー:ブランドは今どのような状況にあり、どうやってそこへ至ったのか? 今日の見込み客について私たちが知ることができるのは何か?

始まり:

次に何が起きたか?:

そして今は?:

ブランドの内層を明らかにする:ブランドはどんな価値や信念を持っているか? もし元型分析を利用するならどんな元型をブランドに当てはめるかを述べる。根拠も示す。

ブランドの外層を明らかにする:プロダクツの長所やメリットがどう内層を支えるか? その外層が内層となぜ一致するのか、理由を説明する。ブランドにとっての一人称(アイ・アム)文を書く。

最も重要な障害は何か?:見込み客との強いつながりを確立するのを妨げる障害がどの程度存在するか? 答えを考える。その際は1(非常に低い)〜5(非常に高い)の評価を利用するといい。

a. プロダクツの機能への気づき:見込み客はプロダクツの機能をどの程度知っているか?
b. プロダクツのメリットへの理解:見込み客はプロダクツ独自の機能のメリットをどの程度知っているか?
c. ブランドとのつながり:現在の見込み客とブランドのつながりはどのようなもので、その程度はどのくらいか?
d. ブランドとの強いつながり:見込み客はブランドとどのくらい強いつながりを持っているか?
e. ブランドの強いつながりは長期的な目標であることを理解したうえで、a〜cのあなたの答えから考えられる短期に克服されるべき最も重要な障害は何か?

見込み客の外層を明らかにする:

a. 見込み客に関して測定可能なすべての特性(年齢の範囲、性別、収入、家族規模、地域など)を明らかにする
b. ブランドのプロダクツによって達成したい見込み客にとっての最も重要な機能は何か? それがブランドの外層と矛盾しないかを確かめる

見込み客の内層を明らかにする:見込み客が同意できる最も重要で意味ある価値/信念は何か? それがブランドの内層と矛盾しないかを確かめる。見込み客の一人称(アイ・アム)文を書く。

違和感を感じた

今はこれをやっている

誰もがワクワクした気持ちで目覚められる世界を創る