ホームページ

【さ行】インターネット・ホームページの用語

サーバー

サーバーとは、個人のパソコンやスマホからの要求に対して、データなどの返答を返すシステムのこと。

インターネットやホームページ関連でいうサーバーは、Webサーバーのことを指します。

サイトマップ

サイトマップとは、ホームページの全ページへのリンクを一覧化したもの。

全体像を見せるとともに、目的のページへのアクセスも補助できます。

サイドバー

サイドバーとは、コンテンツ部分の左側や右側にある縦長の表示エリアのこと。

ブログではプロフィールや人気の投稿などがサイドバーによく配置されています。この記事もパソコンで見ていたら右側に表示されているはずです。

サムネイル

サムネイルとは、限られたスペースでイメージを伝えたい場合に用いられるごく小さな画像のこと。

サムネイルの例:Google検索に差し込まれる画像検索結果

⇒続きを読む

【か行】インターネット・ホームページの用語

外部対策

SEOの手法で、ホームページに手を加えず外部からのリンクや投稿などに注力する方法。

過去、検索エンジンは外部からの被リンク数で評価をしていたため、外部対策をするSEO業者が大量発生しましたが、人為的な大量リンクは近年ペナルティの対象となり検索順位が下がるどころか検索結果から抹消されることすらあるため、現在では外部対策から内部対策に主軸が移っています。

カテゴリ

同じグループだとみなせるものをまとめたもの。

例えばゴルフ、釣り、ギャンブルなどは「趣味」というカテゴリ、ファッション、美容、住まいなどは「ライフスタイル」というカテゴリといえます。

インターネットやホームページ上で何かを探すときに、単語をいくつか入れて検索すること。

⇒続きを読む

【あ行】インターネット・ホームページの用語

アイキャッチ画像

アイキャッチ画像とは、ブログ記事の冒頭、または記事一覧でタイトルとともに添えることで記事の内容を一瞬でイメージさせる画像のこと。

アクセス

アクセスとは、ホームページにお客様が訪問すること。

アクセス解析

アクセス解析とは、ホームページへ来たお客様がどの地域からアクセスしてきたのか、どのページにアクセスしたか、どれくらい滞在したか、どのようなキーワードで検索してきたのかなどを分析すること。

アクティブユーザー

アクティブユーザーとは、ある一定期間内に1回以上アクセスしているユーザーのこと。

週間アクティブユーザー数といったら、1週間に1度でもアクセスしたユーザー数のことを指します。

Apple(アップル)

Appleとは、スマートフォンを世界に流行させ、時価総額世界トップのコンピューター企業。

⇒続きを読む

どこからお客様が来るか知っておこう!ネット集客の入り口6パターン

どこから来るか知らねば、どう呼ぶかも立てられず。

インターネットも発展につぐ発展で、その集客経路も多様化しました。

とはいえ大別すれば、そのパターンは6つです。1つずつ見ていきましょう。

検索

GoogleやYahoo!などの検索エンジンで、お客様がキーワード検索をしてホームページにたどり着くパターンです。

広告を打っていなければ、もっとも多くなる集客経路です。

Googleアナリティクスのチャネル(流入経路)分析では、Organic Search(オーガニックサーチ:自然検索)として計測されます。

リスティング広告

GoogleやYahoo!などの検索エンジンで、お客様がキーワード検索をした時、検索結果の上や右あたりに表示される広告から集客するパターンです。

キーワードに関連した広告として表示されるためクリックの確率が高く、検索連動型広告とも呼ばれます。

⇒続きを読む

ホームページを作るにも必要!ミッション、ビジョンを定めよう

会社組織ならば、遅かれ早かれ向き合うことに。

一人で仕事をしているうちは、さほど意識しないかもしれません。

たとえ小規模でも複数人をまとめるとなると、ミッションやビジョンを耳にする機会が多くなります。

それぞれの定義をざっと言うと、

ミッションは、社会をより良くするために企業が担う役割
ビジョンは、目的を達成するために企業が行う具体策
といえます。

ホームページを作ることと遠く感じるかもしれませんが、ホームページは事業を映す鏡で書いた通り、ミッションやビジョンに向き合ってこそ、ホームページも意味のある内容にできます。

それでは詳しくみていきましょう。

ミッション

ミッション(Mission)は「使命」と訳されますが、何に対しての使命かというと社会に対して、となります。

企業経営に対して多大な影響を与えたドラッカーは、このような言葉を残しています。

⇒続きを読む

はじめてのホームページの作り方

「ホームページを作りたい」
と思ったものの、何からやったものか…

初めてのことって、全体像も見えないし
まず何からやるべきかわからないですよね。

今回は、ホームページを初めて作る人が
最初におさえておくべきことをまとめました。

まず最初に

間違いがちなところを1点。

ホームページといえど、
商売の基本に沿っている必要があります。

  1. 誰のために
  2. どんな商品を
  3. どのように売るか

まるでわからない分野なだけに、
どうしても作り方から入ってしまいがちです。

3要素は個々のカテゴリで見ていただくとして
まずはホームページでも基本に忠実なのだと
覚えておいてください。

ホームページ・ウェブサイトのタイプ

事業で利用されるホームページ(ウェブサイト)の主要4タイプをご紹介します。

コーポレートサイト

法人向けビジネスをする企業が主に利用するホームページです。

⇒続きを読む

【アンケート】ホームページの作り方講座があったら何が聞きたい?

ホームページの作り方でお悩みの方は多いです。

ただホームページ制作といっても色々なので
今回はアンケートをとってみることにしました。

以下あてはまるものを選んで投票ください!
複数回答可です。

ホームページの作り方講座があったらどういうことを聞きたいですか?

アンケート結果をみる

Loading ... Loading ...

回答結果にのっとって
記事を書こうかと思います。

ホームページのリニューアルで検索順位を下げないための注意点

なんとなくやると検索結果から消えることも…

ホームページにはリニューアルが欠かせません。

事業を映す鏡であるホームページは、
事業の成長とともに進化する必要があります。

とはいえ、思いつきでリニューアルしてしまうと
グーグルの検索順位が下がる危険性があります。

何に気をつければいいのでしょう。

集客の主要キーワードと人気ページを調べる

現状、どんなキーワードでお客様が来ているか
どのページが人気かを把握しておきます。

GoogleアナリティクスとSearch Consoleを
利用していれば、おおむね把握できます。

人気のページ文章や構成を大きく変えない

次に、今回のリニューアルが先に調べた
集客の主要キーワードが入った人気ページを
削除したり、文章の大幅変更がないかチェックします。

安易にこれを行ってしまうと、
リニューアル直後からアクセスが激減する
可能性が高いです。

⇒続きを読む

ホームページは自分で作るべきか?それとも誰かに頼むべきか?

みなさん悩まれています。

ホームページは自分で作るべきか?
制作会社に任せるべきか?

不慣れな分野だと、準備の労力や制作費という
短期的観点から判断しがちです。

事業として継続的な利益を生むための
長期的観点からも見てみましょう!

新規制作時や個人事業であれば、まず自分でやってみる

集客のためじゃない!ホームページは事業を映す鏡
で書いた通り、ホームページは事業を測ることができます

その意味を実感する確実な方法は
まず自分で作ってみることです。

どんな構成にしよう?
トップページは何を書くべき?
なんて文章を書こう?
写真、イメージはどうしよう?
どの商品から載せよう?
事業を始めた想いも載せる?どうしよう…

こういったことを一度思い悩まれると
ホームページというより事業の価値整理になり
非常に意味があります。

⇒続きを読む

しつこい電話営業のSEO業者に頼んで検索で上位表示しても売上が変わらない理由

「こんにちは!御社のホームページを検索してみたのですが、上位に表示できていないようですね… 我が社なら人気のキーワードで上位表示して売上に貢献できますよ!」

身に覚えのあるお店のオーナーさんは
かなりいらっしゃるのではないでしょうか。

お店に電話をかけてきて
Googleなどの検索エンジンで
ホームページの上位表示をうたう業者。

SEO業者といいます。

僕のお客さんでも困っていて
電話を代わったことがあります。

僕「お電話かわりました。ウェブ担当の者です」

営業「お世話になっております!
わたくし○△×のホニャララです!」

僕「どういったご用件ですか?」

営業「グーグルとか検索エンジンってありますよね?
あれの1ページ目に表示するサービスをやっていまして」

僕「はぁ」

営業「1ページ目に表示するとアクセスが増えるんですよ!」

僕「それって外からリンク付けたりするんですよね?」

⇒続きを読む