戦略

ホームページを作るにも必要!ミッション、ビジョンを定めよう

会社組織ならば、遅かれ早かれ向き合うことに。

一人で仕事をしているうちは、さほど意識しないかもしれません。

たとえ小規模でも複数人をまとめるとなると、ミッションやビジョンを耳にする機会が多くなります。

それぞれの定義をざっと言うと、

ミッションは、社会をより良くするために企業が担う役割
ビジョンは、目的を達成するために企業が行う具体策
といえます。

ホームページを作ることと遠く感じるかもしれませんが、ホームページは事業を映す鏡で書いた通り、ミッションやビジョンに向き合ってこそ、ホームページも意味のある内容にできます。

それでは詳しくみていきましょう。

ミッション

ミッション(Mission)は「使命」と訳されますが、何に対しての使命かというと社会に対して、となります。

企業経営に対して多大な影響を与えたドラッカーは、このような言葉を残しています。

⇒続きを読む

よく聞くけどよくわからない「戦略」とは何か

よく聞くけど実はよくわからない。

事業をやっていると耳タコになる言葉。
戦略もその一つです。

人によって解釈が違うし
わかっているようでフワッとしがちです。

結論をいうと戦略とは、
ゴールまでの地図といえます。

向かっていきたい先があり、
それにどうたどり着くか試行錯誤し
それを計画しまとめあげることです。

戦略のポイント

1. まず目的をきちんと定める

何に向かってそもそも事業をしているか
これがわかっていないと向かう先が決まりません。

目的が明確であるからこそ
次の選択肢が出てきます。

2. 選択肢を可能な限り考える

今までやっていたことを思い浮かべ、
それがベストではない…と思ったとします。

そこでうーん…としばらく考えて、
ハッと閃いた! これかな!?と
それをすぐ実行してみる…

これはまだ戦略的とはいえません。

⇒続きを読む

ホームページを作る前に:お客さんを絞り込もう

ホームページを作る前に
決めておくことがいくつかあります。

今回はお客さん(ユーザー)について
考えていきましょう。

あいまいなお客さん像だと誰にも届かない

ターゲットはどんな人ですか?
と聞くと「全員だ!」と
お答えいただくことがあります。

本当にどんな人にでも響く商品ならいいですが
大半の商品やサービスというのは
特定の人が欲するものです。

男性にも女性にも
子どもにも高齢者にも
地方でも大都市でも売れる。

そんなものはなかなかありません。

例えば歯磨き粉なら売れるかもしれませんが、
あなたの商材は歯磨き粉のような
大手が物量で勝負する薄利多売商品ではないでしょう。

かといって、20代女性だったり
都市部に住む30代独身男性
といった絞り込みも適切ではありません。

これはテレビや新聞などのマスメディアで
膨大な人たちに広告するなら使えます。

⇒続きを読む