話し、メモし、やることができていく…

もっともシンプルな仕事の流れとその管理方法を追ってみました。

仕事の流れ


会話

会議、電話、立ち話、メール。仕事は会話から始まります。


メモ

会議であれば議事録、電話であれば依頼内容メモ、メールであれば本文そのものがメモとなります。

ポイントは乱雑でも良いから、会話を書きとめておくことです。


やること化

メモという散文から、やるべきアクションを見つけ出します。


ToDoリスト

見つけ出したアクションをチェックリスト化します。特に期限が決まっていないやることはToDoといいます。

今日やることだけを抜き出して書く場合も、ToDoリストは役立ちます。

期限の決定

各ToDoの外的な期限を聞き出します。お客さんの指定や他チームの都合など、外的な要因で決まることがほとんどです。


タスクスケジュール

各ToDoをカレンダー上に書き入れ、タスクスケジュール化します。いつまでにやるか明確に決まったやることはタスクと呼びます。

カレンダー上に一度配置し、無理なくできるか内部的な都合も合わせて最終調整します。期限が聞き出せなかったToDoもここで期限を切ります。

仕事をきちんとこなすには、あいまいなToDoを減らしタスクスケジュール化することが重要です。日付の書き入れだけでなく、カレンダー上でも無理のないスケジュールか確認しましょう。


作業

タスクスケジュールの順番通りに作業を進めます。


完了

最後のタスクが終われば仕事は完了です。

お疲れ様でした!

でわでわまた(*゚▽゚)ノ