スティーブ・ジョブズ:ラストメッセージ 〜天才が遺したもの」というビデオで、ジョブズに単独インタビューした時の貴重な映像があり、そこで初めて耳にした言葉があったので掲載してみます。

人は大人になると
社会を受け入れるよう諭される
 
壁を破ろうとするのではなく
決められた範囲の中で
 
多少の蓄えと家族を得て
気楽に過ごせとね
 
だが ある簡単なことに気付けば
人生は もっと広がる
 
君の生活を
形作っているのは ──
 
自分と同じ人間ということさ
 
だから君も変化を与えられるし
人々に有益な何かの創造も可能だ
 
それが分かれば 生まれ変われるよ
 
人生というのは指を突っ込んだら
反対側から何か飛び出すもの
 
つまり人生は変えられるんだ
 
それに気付くことだよ

僕たちはいつの間にか、自分の中に「可能性のブレーキ」を植え付けられているのかもしれませんね。

でもそれを取り除くこともまた、可能なのです。