みなさん毎日使われているGoogle

「検索」といったら「ググる」と言われるまで
僕らの日常に深く関わっています。

インターネットの検索を牛耳るGoogleとは
どんな会社で何をしているんでしょうか。

アメリカの大学生2人が立ち上げた

Googleはアメリカのスタンフォード大学の2人の学生が立ち上げました。ラリー・ペイジとサーゲイ・ブリンの2人です。当時は1995年。

「世界の情報を整理する」
「1クリックで世界の情報にアクセス可能にする」

を使命としています。

世界中のホームページを収集

Googleはクローラーというものを作りました。

これは自動で世界中のホームページ(ウェブページ)を渡り歩き、そのページの特性や種類を記録しながらぺージへのリンクをストックしていくシステムです。

そして何らかの目的、例えば「濃厚 ラーメン」(を食べたい!)というキーワードで検索してくる人に、クローラーでストックしたぺージ群から「濃厚」であり「ラーメン」に関係が深いページを見せる、という仕組みでウェブ検索を作り上げました。

これがインターネット検索の覇者 Google の始まりです。

独自のホームページ評価の仕組みをもつ

サービス開始当初は検索結果に表示されるページが、
けっして目的に沿ったページばかりではなかったGoogle.

徐々に検索結果の精度が上がり始めたのですが、
それを支えたのが独自のウェブページ評価の仕組みです。

検索キーワードを含むリンクが外部からあるほど、
そのキーワードに関連するページのはずだ!
という
論理のもとに評価がされていました。

例えば、ラーメン屋Aで食べた人がブログやSNSで
「濃厚でうまいラーメン」というリンクをAのサイトに張れば
Googleは「Aは濃厚・うまい・ラーメンのキーワードと関係がある」
とみなす、というわけです。

今はこんな単純な評価がされているわけではないですが
ざっくりGoogleがどうページを評価するかというと、
キーワードとそのページの関連性が高いかどうか
で判断しているということです。

Googleの検索結果に表示されるには

こういった施策が必要になってきます。

  • Googleにホームページの存在を知らせる
  • ターゲットとするお客様が入力するキーワードを調べる
  • お客様が何を探しているか(困っているか)調べる
  • お客様の問題を解決する情報を提供する
  • そのキーワードをホームページ内に含める
  • 定期的に更新する

このような取り組みをサーチエンジン最適化、
英語で Search Engine Optimization 略して SEO と呼びます。

しつこい電話営業のSEO業者に頼んで
検索で上位表示しても売上が変わらない理由

で書きましたが、悪質なSEO業者にはお気をつけください。

検索結果で上位表示!というと売上が上がると思って
みなさん大金を注がれますが、検索結果で上位なら
イコール売上増ではありません

  1. お客様がどういった人かきちんと定める(ターゲッティング)
  2. そのお客様が欲しがるものが何か見極める(リサーチ)
  3. 自社でそれを提供できるようにする(商品開発)
  4. 競合はどうやって価値を出しているか調べる(リサーチ)
  5. 自社の商品の独自価値を見極める(商品開発)
  6. どうやってお客様が商品を探すか調べる(マーケティング)
  7. 商品の独自価値が伝わるサイト構成を考える(デザイン)
  8. 商品価値が伝わる文章を書く(ライティング)
  9. ライティングを検索キーワード(SEO)
  10. 購入や来店につながる機能を適切に置く(マーケティング)
  11. アクセスが集まり、商品が売れる(目的の達成)

これは一例ですが、このような戦略がありきで
アクセスを集めることを目的にしないよう注意しましょう。

アクセスを集めるのは実は最後です。
その前にたくさんやることがあるのです。

詳細は次回以降また書いていきます。

それではまた!