嫌いなホームページの上位に挙がるものの1つが、スマートフォンで閲覧した時に見づらいサイトです。

どんなサイトがスマホでNGなのか

ピンチイン・ピンチアウトしないとまともに見れない

まったくスマホ対応していないとパソコン向けのホームページが表示されます。

ほとんどの場合、ホームページ全体が圧縮されたような見た目になり、字も画像も小さく見えず、二本指でピンチイン・ピンチアウト(指で広げたり縮めたりして画面を拡大・縮小すること)してなんとか見える… 状態になります。

ちなみにこの記事がスマホ対応していなかったら、こんな感じになります。

ピンチイン・ピンチアウトできないのに文字が見えない

逆にピンチイン・ピンチアウトが封じてあるくせに文字が小さくて見えないもアウトです。PCサイトしかないのに、ピンチイン・ピンチアウトがなぜか封じてあったら悲劇としか言いようがありません。

特に画像の中の文字が見えないことが見落とされがちです。

横スクロールがでる

画面がスマホの幅からはみ出していて、縦にも横にもスクロールできるとお客様はホームページの情報をうまく追うことができず、イライラして離脱してしまいます。

スマホ対応するなら原則、縦にしかスクロールしてはいけません。

スマホ未対応でも大丈夫なサイト

どんなホームページでもスマホ対応しなければダメかというと、そうでもありません。

訪れるお客様のほとんどがパソコンでアクセスする場合は、大丈夫です。

一例でいうと、会社にいる時にしか見ないようなホームページ、例えば店舗向けの建築資材について検索して調べているような場合は、パソコンから見ることが多く、外でだったりプライベートとして見ることはかなり少ないと思われます。