どこから来るか知らねば、どう呼ぶかも立てられず。

インターネットも発展につぐ発展で、その集客経路も多様化しました。

とはいえ大別すれば、そのパターンは6つです。1つずつ見ていきましょう。

検索

GoogleやYahoo!などの検索エンジンで、お客様がキーワード検索をしてホームページにたどり着くパターンです。

広告を打っていなければ、もっとも多くなる集客経路です。

Googleアナリティクスのチャネル(流入経路)分析では、Organic Search(オーガニックサーチ:自然検索)として計測されます。

リスティング広告

GoogleやYahoo!などの検索エンジンで、お客様がキーワード検索をした時、検索結果の上や右あたりに表示される広告から集客するパターンです。

キーワードに関連した広告として表示されるためクリックの確率が高く、検索連動型広告とも呼ばれます。

厳密にいえば広告は様々(バナー広告、ネイティブ広告など)ありますが、まずはリスティング広告を覚えておけばOKです。

ブログなどからのリンク

ニュース記事やブログなどで紹介され、そこからのリンクで誘導されるパターンです。

お客様だけでなく自前でオーナーや社員がブログを書き、そこから集客を狙うこともよくあります。

Googleアナリティクスのチャネル分析では、Referral(リファラル:紹介)として計測されます。

メール

お客様のメールアドレスに直接ホームページへの誘導メッセージを送るパターンです。

すでにメールアドレスを取得している場合のみ使える方法で、こちらの商品やサービスに興味がある状態のお客様なため、高い反応が期待できます。

来店時にメールアドレスの登録をお願いしたり、ホームページにメール登録フォームを設置することで獲得していきます。

SNS

FacebookやTwitter、InstagramなどのSNSの投稿やプロフィールのリンクから誘導されたパターンです。

企業やお店側からのコントロールはほぼできませんが、投稿のネタとなる写真などを積極的に撮ってもらうなどの試みで、露出が格段に上がる可能性を秘めています。

Googleアナリティクスのチャネル分析では、Social(ソーシャル:SNS)として計測されます。

ダイレクト

Chrome(クローム)やSafari(サファリ)といったウェブブラウザにURLを直接入れたり、ブックマークから来たパターンです。

Googleアナリティクスのチャネル分析では、Direct(ダイレクト:直接)として計測されます。

以上が主なインターネット集客の入り口です。

今後はそれぞれの入り口に対して掘り下げていきましょう。

それではまた!