インターネットでホームページへの集客方法として欠かせないものが検索です。

人々はそもそもどのように検索を使っているのでしょうか?

なんで検索をするのか振り返ってみる

僕たちはどういうときにネットで検索を使うでしょうか。

何かを探している時、ですよね。

質問があって、回答が欲しい時です。

質問をGoogleなどの検索エンジンに打ち込んで、何か良い回答がないかを期待しています。

検索結果をざっと眺めて、自分の質問についてベストな回答をしてくれそうなページをクリックします。

例えば、「京都 おすすめ カフェ」と打ってみると、

このような検索結果に。

  • 絶対に行きたい
  • どうせ行くなら足を運びたい
  • 秘密にしたいおしゃれカフェ
  • 京都在住カメラマンが厳選
  • 古都京都を感じられる町家カフェ
  • 話題・穴場のカフェ
  • おすすめ和カフェ

こういった共通キーワードから、京都らしい特別感や落ち着き、日本らしさといった傾向がみられますね。

つまり京都らしさ、特別感、せっかくだから感、日本らしさ、癒しといったコンテンツを「京都 おすすめ カフェ」というキーワードで検索する人が求めているという裏づけでもあります。