ホームページがないと何が困るのでしょうか?

ホームページがなかった場合
どんな時に困るのか、

美容室を例にして
30歳女性 エーコさんと見ていきましょう。

1. 美容室を知ったとき

インターネットに全く情報がない場合

友人からある美容室の評判を聞いて
エーコさんは行ってみたいなと思いました。

エーコさんは手元にあるスマートフォンで検索。
しかし…店名をGoogleで検索しても出てきません。

エーコさんはイラっとして探すのを諦めました

こうなるとここで早くも終了です。
ホームページがあったらすぐに見つかったでしょう。

他の情報サイトに少し載っていた場合

エーコさんは手元にあるスマートフォンですぐ検索。
街の情報サイトでその美容室のページを見つけました。

どんなものかとページを眺めます。

2. 美容室の情報を眺めているとき

街の情報サイトの場合

エーコさんはどんなものかと美容室の情報を眺めます。

ふらっと写真を眺め、外観や内観の写真を流し見し
割引とかあればなぁと思ったまま興味が薄れ
別のことをし始めてしまいました。

クーポンは街の情報サイトにも登録はされていました。
ただ情報サイトは目立たないクーポンボタンだったりするので
主張が弱くみなが気づくわけではありません。

ホームページを見ていた場合

エーコさんはどんなものかと美容室のホームページを眺めます。

最初のページのすぐ目につくところ
クーポン券の形で初回割引内容が書いてあったので
エーコさんは予約してみよう!と思いました。

ページで一番最初に目につく範囲をファーストビューといって
次にお客さんがどう行動するかを決定する重要エリアです。

自分のホームページであればファーストビューを自由にいじれるので
各ページごとに一番主張したいものを、主張したい形で
置くことができます。

3. 美容室の予約をしようとしたとき

情報サイトから予約する場合

エーコさんは予約したいと思い予約ボタンを探しましたが
電話番号しか載っておらず、今は諦めよう…と先送りしました。
エーコさんは電車で移動中だったからです。

その後仕事などでバタバタしていたら、
電話での予約が1週間ほど後になってしまいました。

予約や購入という行動は、思いが強くなった時にすぐできないと
その後だいぶ先延ばしになったり、二度と戻ってこないこともあります。

Amazon がワンクリック購入ボタンを設置しているのも
購買欲が高まった瞬間に一瞬で購入できるよう、
その面倒くささを徹底的に減らす努力の表れですね。

ホームページから予約する場合

エーコさんは予約したいと思い予約ボタンを探しました。

ファーストビューにある予約ボタンをすぐに見つけ、
ボタンを押して予約ページへ移動し、
無事予約が完了しました。


このようなことは実際によくある場面です。

ホームページがない、だけならともかく
情報がまったく見つからないは論外です。

お客さんが検索してきたときに
こちらができるだけコントロールしている
ページを見せられるようにはしておきましょう。

それではまた!