ついにインターネットエクスプローラーが他ブラウザに抜かれたとのニュース。

Firefox 3.5、ブラウザ市場でシェア1位に

おおおおおお 遂に! と叫んでみたものの、これってグラフの妙で、まだ全然IE系に追いついていないんじゃないか?と思ったため検証。

世界のブラウザシェア(2009/12/20時点)

ブラウザバージョンごとの統計」

StatCounter調べの全世界のブラウザシェアです。これはIT mediaが報じているものと同じですね。

ブラウザシリーズごとの統計」

世界のブラウザシリーズごとのシェア

おっと、意外とIE系全体の落ち込みが顕著ですね。Firefoxの伸びは緩やかですが確実に上昇している模様。このままのペースでいくなら2年以内に完全に入れ替わってしまうのでしょうか。

ただあくまでも世界のシェアですが。

下のほうで目だっていませんが、Google Chromeの伸びも目が離せない急上昇っぷりです。

日本のブラウザシェア(2009/12/20時点)

ブラウザバージョンごとの統計」

日本のブラウザバージョンごとのシェア

日本はIE8の伸びが鋭いですね。Firefox3.5の上昇を上回っています。Windows7の発売が後押ししていると推測。

「ブラウザシリーズごとの統計」

日本のブラウザシリーズごとのシェア

やはりというか、日本ではIE系の落ち込みもFirefox系の伸びもそれほど顕著ではありませんでした。というよりFirefox横ばい?シェアは確かに近づいてはいるようですが、世界の傾向のかなり後追いにはなりそうです。

IE系のシェアはIE6が10%超、IE7が20%超、IE8が30%超はあり、まだまだMS勢健在です。

個人的には一刻も早くIE6には絶滅いただきたいわけですが、恐らく大半の企業や個人はこの不況下にOSのアップグレードを望むはずもなく、Windows XPでも特段支障はないわけで、日本のWeb系従事者のIE系への苦悩はまだしばらく続きそうです。

おまけ

中国のブラウザバージョンごとのシェア

中国、IE6のシェア高すぎ。

ヨーロッパのブラウザシリーズごとのシェア

ヨーロッパ、すでにFirefox系がIE系抜きそう。

以上です。

〔参照元〕